よくある質問


Q.リポジトリへ登録されているデータの利用について確認したい
 A. リポジトリへ登録されているデータの著作権はすべて著作権者に帰属します。著作権法に規定されている私的使用や引用などの範囲内で行ってください。著作権に規定されている私的使用や引用などの範囲を超える利用を行う場合には、著作権者の許諾を得る必要があります。


 Q.リポジトリへの登録にあたり、論文に引用した図版の著作権者の許諾は必要か
 A.著作権法第32条、48条に基づき、著作権法に規定される「引用」に該当する場合は許諾の必要はありません。具体的には、以下の条件を満たす必要があります。
・公表された著作物であること
・主(論文)従(引用)関係がはっきりしていること
・論文内容から論述のために図版を引用する必要があること
・引用部分の出所を明示していること
・引用した図版を改変していないこと
なお、個人が所有する美術品、古文書、手紙、生原稿等は公表された著作物に該当しない可能性があるため、予め所有者に許諾が必要か確認をお願いいたします。
著作権の保護期限が過ぎていれば著作権上の問題はありませんが、所有者からクレームが出る可能性がありますので、予め許諾が必要かどうか確認することをお勧めします。


 Q.リポジトリへの登録を希望する論文のタイトルや本文中に誤字があるため、修正を行ったうえで公開をしてほしい
 A.本文PDFの差し替えはできませんが、正誤表(PDFファイル)を本文PDFに追加することが可能です。本文と正誤表のPDFファイルをメールにてお送りください。


 Q.学習院大学所属の学術団体が発行した紀要に掲載されている論文をリポジトリへ登録したい
 A.学内紀要に掲載された論文をリポジトリへ登録・公開する際は、論文執筆者本人の登録・公開への許諾以外に、該当論文が掲載されている紀要雑誌の投稿規程内に、掲載論文のリポジトリ公開に関する記述があるかの確認が必要です。投稿規程内のリポジトリ公開に関する記述について不明な場合は、学習院大学図書館学術成果リポジトリ担当あるいは紀要雑誌を発行した学術団体にお問い合わせください。


Q.既にリポジトリで公開している成果物の公開を取り下げたい
 A.学習院大学図書館学術成果リポジトリ担当宛にご連絡ください。